医者

本当の原因は?

先生

現在の原因はいろいろと考えられますが、慢性胃炎や慢性の炎症にならざるを得ない、ピロリ菌が暴れまわる胃内の環境になった、食生活が乱れた、タバコ、お酒、遺伝などが考えられます。

Read More...

免疫療法って何?

先生

免疫療法として、三大がん治療方法があります。それは外科治療、放射線治療、化学療法と言われておりますが、近年これにつづく『第4のがん治療』として注目を集めているのが免疫療法となっています。

Read More...

胃がんの正しい知識

進行胃がんでも無症状

先生

粘膜から粘膜下層までの胃がん(胃癌)を「早期胃がん」、固有筋層までの深さに達したがんは「進行胃がん」と呼ばれております。

また胃がんのうち約10%で30〜40代の女性の多いスキルス胃癌(いがん)という胃がんもあります。スキルスとは硬いという意味で、進行していくと胃が硬くなっていきます。とても進行が速く「腹膜」にがんが増殖する傾向があります。(腹膜播種)

では胃がんの初期症状はどのような症状があるのでしょうか?
(ただこれらの症状は他の胃腸病でも多く起こりうる症状ですのでしっかり検査をすることが肝心です)

胃や胸の凭れる(もたれる)感じ、鳩尾(みぞおち)の痛みや不快感、吐き気やゲップ、食欲不振、胃や胸周辺の不快感、軽い黒色便(出血による色の変化)、体重減少(例えば半年で10%以上)、貧血による倦怠感・息切れ・ふらつき

さらに進行してくると
嘔吐、消化不良による頑固な下痢や軟便、黒色便、吐血、血痰、下血、体重の急激な減少、息切れや動悸、黄疸(肝臓に転移した場合)、味覚障害・口腔乾燥

などの症状がでることがあります。
スキルス胃がんでは、胃壁が硬くなるので、触ると分かる場合も有り、腹水がたまる傾向にあります。スキルス胃癌でも初期症状がわかりにくく。胃のむかつきが続いたり、黒色便によって気づく場合もあります。胃カメラでも通常の胃がんより発見しにくいので、しっかり検査をされることが薦められています。
進行胃がんになるとがんの増殖スピードが高まりリンパ節の転移などで肝臓や膵臓、肺や骨などに転移していくことが多いです。抗がん剤や治療を行う方は、脱毛・倦怠感・めまい・吐き気・うつなどの副作用等による症状も加わります。このように胃癌・スキルス胃癌は初期症状でがんであると気づきにくく、発見が遅れることがあるため、慢性的な胃腸症状がある方は念の為に検査を受けておかれることをお薦めいたします。ムカムカの謎を徹底解明しましょう。

過剰な不安や心配は、体にとっても非常にストレスです。

がん免疫療法とは

先生

ANK(Amplified Natural Killer)活性化自己リンパ球免疫療法(通称、ANK療法)は、免疫細胞療法もしくは、活性化自己リンパ球移入法等と呼ばれる、がん治療の一種と言われています。全てのがん治療の対象となります。

Read More...

Copyright ©2015 胃がんの本当の原因とは何なのか|ムカムカの謎を徹底解明 All Rights Reserved.

DESIGN BY FCT.